note

時々思ったことを書いています。

宛先のない手紙

本気で好きになって、傷つけあって別れて、もう話をしない人がいる。

今でもふとした瞬間に、彼は元気だろうかと思う。

毎日働いていて、恐らく遊ぶ相手や恋人には困っていないのだろう。

自分と向き合い続けることが難しいという言葉を残して、何かを作るのを止めてしまった。

その真意は測りかねるが、とにかく止めてしまったのだ。

 

観た映画に関して、議論するのが楽しかった。

別に何も形にはしていなかった我々だったが、夜の帰り道、ちょっとした夢を語ったこともあった。

自分を支えてくれるひとがいれば頑張れると、彼は言った。

お互いの腹を探りあって、「恋人」として関係性を求めあった時期もあった。

子供じみた自己愛でお互いを傷つけあって喧嘩別れすることになったのだが。

本当はもう一度話したいが、もう思い出の中にとどめておくのが一番美しいのかもしれない。

あの日から比べれば少しばかり大人になったとはいえ、また相手を「こらしめてやりたい、傷を残してやりたい、影響を残したい」という気持ちがぶり返してしまうことだろう。

 

「支えてくれるひとがいれば、頑張れる」という言葉は、今になってブーメランのように心に響いてくる。

別に家族に理解してもらいたいとは、もう到底思えない。

ただ、血のつながっていない、偶然出会った恋人や友人には恵まれている。

心の底から今の自分が生きていられるのは彼女たち/彼らたちのお陰だと思う。

恐らく自分では気が付いていない/気が付きたくないところに、まだ癒えていない傷があるらしく、

ふとした拍子に引きずり込まれてしまいそうになる。

そんな時、言葉を一言一言真摯に受け止めてくれる友人や、堂々巡りの思考を受け流してくれる恋人のお陰で生活ができている。

 

私の毎日みている景色は美しいです。

時々灰色に塗りつぶされてしまうこともありますが、おおむね元気です。

今は秋で、虫の声と雨の音に包まれています。

あなたの心に表現者としてのエゴが残っていて、それを燃やそうとする日が来るのなら、そっと応援します。