note

時々思ったことを書いています。

女たちの夜


夜な夜な繰り返させる、帰宅後のガールズトーク
本当にくだらないおしゃべりの集積。

 

ただしどこか祈りに似ている。

 

今日思ったこと、とりとめもないこと、好きな人の話、だれがかっこいいとか、とりあえず飲もうとか。
浮かんでは消えるおしゃべりを、私たちは夜中に繰り返す。

 

その日の疲れを癒すため、明日が今日より良い日であるように、言葉を重ねていく。
他人に対する思いやりの言葉だったり、ちょっとした悲劇を喜劇に変えてしまったり。

 

きっと傍からすれば、ただの煩い小鳥たちがぴいちく鳴いているようにみえると思う。しかし私たちにとってそれは大切な儀式なのだ。

現実を認識し、それを真正面から乗り越えるのではなく、笑ってやり過ごす方法を見つけるための。

 

そうやって私たちは今日も生きていく。